国松工務店について

電話:1470-82-2709 千葉県夷隅郡大多喜町下大多喜3441

くにまちゅぶろぐ

ヒートショック予備軍が一番多い県は?

なんと!千葉県

ガス器具設備メーカー『リンナイ』さんの入浴についての実態調査から
ヒートショック危険度を図るチェックシートでランキングを発表!
(全国20代~60代の男女2350人)

安全に湯船に浸かれる時間は約10分に対し
なんと千葉県はワーストワンの15.5分

脱衣室に暖房設備で温めるなど対策をしてない家庭が多いなど
昔から全国的に気候が良く災害がすくなくゆったりされる方が多いなど
温暖地域なので仕方なかったのですかね

しかし千葉県の過去十年間の最低気温は-5.3℃を記録しています
これは東北地方並みに冷えることがありますが
暖房や断熱にちょっとうとくなっていますのでこれからの季節は
十分に注意してください

ヒートショック予備軍が一番多い県は?
↑クリックで飛びます
(出典 新建ハウジングさん12月2日プレスリリース)より

  • 大多喜町を愛する住人 より:

    なんと千葉県がワースト1ですか。不名誉な1位ですね〜。
    県はなんとか対策を取るべきですね。湯船に浸かっている時間が、10分以上は危険であることをもっと伝えるべきですね。
    しかしよく15分も入って入られますね。5分でも長いと思うのですが。
    湯温を下げれば長くてもいいのかな?
    考えてみると、湯船にゆっくり浸かる習慣は、日本の特徴かもね!日本人は温泉が好きなので、入浴時間が長くなるのはわかる気もしますよ。
    近頃、旅館の温泉に行っていないな〜っ。旅してぇ〜っ!

    • m-yamagishi より:

      一番は温度差になるらしいです
      湯温を下げますと体の負担も少なくなり安全方向になりますが
      そのあと寒い所で血圧上昇するとヒートショックが出やすくなりますので
      本当は洗面所の暖かさがあると一番安全になります

      温泉いいですね~
      ゴルフして温泉!まさに天国です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。