国松工務店について

電話:1470-82-2709 千葉県夷隅郡大多喜町下大多喜3441

くにまちゅぶろぐ

お昼ごはん

久しぶりにお蕎麦が食べたくて大多喜町のお蕎麦やさんでした。
天ざる大盛り、少し多すぎました(笑)

関東sw会年次大勉強会

LIXIL新宿ショールームで関東sw会年次大勉強会に来ています。今回の勉強会の内容は構造計算、耐震等級3.)建築基準法の1.5倍の強さ)ここの所多い台風や積雪荷重に耐える構造計算災害に強い家づくりを構造計算のプロフェッショナルの設計手法をきっちり勉強して帰ります。

大雪

昨日から今朝にかけて大雪ですね
4年前の大雪を思い出してチビ店長と雪だるま作ってしまいました。

毎年、豪雪地帯のボード30年ほど行ってますので12月よりスタッドレスタイヤを履いてます
どんなに大雪でも心配はないのですが

夏タイヤで走られてる方は本当に危険ですのでご注意ください。
スタッドレスタイヤを履いていれば豪雪地帯の雪は乾いてサラサラ
固い砂の上を走っているようでまったく滑らず安心して運転できます。

しかし、今回の関東の大雪は今までにない位ベチャベチャでヌルヌル
4輪スタッドレスでもタイヤが空転して坂を下がっていますので
反対に関東の雪の方が運転が超難しいです。

今回の大雪の降り始めはちょっとした急坂ではスタッドレス+チェーンが必要です
その中を夏タイヤとは・・・・・うっすら白くなれば即スタックします
明日は凍結にご注意ください、スタッドレスタイヤでも止まりません

運転には十分ご注意してくださ~い!。

壇蜜さん!

1月28日と2月18日に見学予定していますLIXIL住まいスタジオに壇蜜さんが環境大使に選ばれまして見学に訪れたそうです。

住宅業界では2020年に決定している省エネルギー住宅義務化で高断熱、高気密が必要になります、環境省さんもなかなかセンスありまして環境大使さんは

断熱、気密(だんねつ、きみつ)
壇と蜜で壇蜜さんに決まりました(笑)

1/28と2/18日にLIXIL住まいスタジオを見学できますこれからの住宅の暖かさがバッチリ体感できますので工事予定の方は必ず体感される事をお勧めいたします。

ご興味のある方はお問い合わせよりご連絡をお願い致します

今回は断熱と気密が重要とのお話でした。

安定器交換

歯科医院さんの照明器具がチカチカして治療しづらいとの事で調査しました。

蛍光灯を交換しても治らない場合は安定器が怪しいです。

安定器とは蛍光灯に送る電気を作る機械で使い方によりますが10年前後で交換が必要になります。

今回は照明器具が特注になりますので安定器を交換した方がおやすくなりますので日曜日に作業をさせて頂きます。

明日からは綺麗な光で治療もやりやすくなると思います。

朝から作業がしやすいように暖房をかけて頂いて下さったお施主様に大感謝ですありがとうございます。

もうすぐ作業も終わりになりますので最終点灯試験しまして帰ります。

新年賀詞交歓会

建築士会 長生支部さんに夷隅支部から出席させて頂きました。

違う地区の建築士さんとの交流で色々情報を頂いて懇親を深めて帰ります。

来週は千葉県建築士会、夷隅支部の賀詞交歓会なので準備がんばります。

関東ブリリアント会

SW会の中の女性会員さんがあつまりセンスアップを行うセミナーに当社の専務が参加してきました。

講師は大橋わか先生
『簡単整理収納術を活かしたインテリアつくり』
プロの収納術を勉強してお客様の為にセンスアップ
次回は『有名銀座ママ』さんの一流のおもてなし術予定ですので
頑張って?私も参加させてもらいます(笑)

トリプルSマイスター

省エネルギー住宅、高性能住宅などの設計手法を福井コンピューターさんのアーキトレンドZEROというCADで設計する方法を勉強に来ています。

全国でも先駆けて千葉sw会で開催されています。
もう少しで生々しいプレゼンさせて頂きますのでよろしくお願いします。

本日のお引き合い

お稲荷様のご相談をいただきました。

農家の田畑の守護神として祭られてきました
稲で荷車がいっぱいになって商売繁盛家の繁栄をお守りいただいています

昨年に納品させていただきましたので本日ご提案させていただきました。
製作途中のお稲荷様でした

性能向上住宅、申請

昨年のグリーン化事業で次のお客様が補助金を受けられるようになりましたので申請書の作成に追われています。
新しい申請なので書式から計算方法、図面といろいろ準備しまして申請書が出来上がります。
省エネ住宅より更に10%性能向上を認められると100万円の補助金が受けられます。
(本年度のグリーン化事業の枠は終わっていますので本年度分はお問合せ下さい)

建物の性能を計算しまして条件をクリアーしたか証明しますので
〇断熱性能
〇建物に入る日射の計算
〇水回り設備機器の性能
〇給湯器、エアコンの性能
〇換気システム
〇照明器具
ここまで設計できますと建物の使うエネルギーが計算できまして燃費が出ます。

今回は参考までに普段作っている書類の一部をパチリト撮りました
電気を専攻して勉強してきたので良かったなと思うのですが
これからは電気が苦手な方は大変ですね(笑)