大多喜町・いすみ市で注文住宅を建てるなら有限会社国松工務店

国松工務店について

電話:0470-82-2709 千葉県夷隅郡大多喜町下大多喜3441

最新情報

最新情報

2022年6月7日

注文住宅を検討している方は必見!キッチンの決め方について解説します!

住宅の購入は、人生で一度の大きな買い物であるため、絶対に後悔のないような理想の住宅にしたいですよね。
そのポイントになるのも、毎日使うことになり生活の中心にもなるキッチンの設計です。
そこで、注文住宅の設計時に参考にできるキッチンの決め方について解説します。

 

□注文住宅の3つのキッチンの間取り

キッチンの間取りは、主にオープンキッチン、クローズドキッチン、セミオープンキッチンの3つのタイプに分けられます。
ここでは、それぞれのタイプの特徴について紹介します。

 

オープンキッチンは、キッチンルームとリビング・ダイニングが別れていない配置のキッチンです。
キッチンがリビングなどと同じ空間にあるため、開放感がありながら料理中も家族とのコミュニケーションが取りやすいところが魅力です。

 

クローズドキッチンは、独立した部屋にあるキッチンです。
来客にキッチンを見せたくない方や料理に集中したい方におすすめの間取りであり、料理中に発生する匂いが他の部屋につかないところがメリットです。

 

セミオープンキッチンは、オープンキッチンとクローズドキッチンのそれぞれの良いところが盛り込まれています。
オープンキッチンのように、キッチンの全てが見えているわけではないですが、壁で仕切られているので一部が見えるような間取りです。
クローズドキッチンのように完全にキッチンが他の部屋から隠れているわけではないので、料理中にリビングの様子がわかり、家族とのコミュニケーションにも問題ありません。

 

□キッチンの間取りを決める時のポイント

上記では、3つのキッチンの間取りタイプについて紹介したので、ここでキッチンの間取りを決める時に意識するべきポイントを3つ紹介します。

 

1つ目のポイントは、頻繁に使う人の身長に合わせて設計することです。
キッチンの適切な調理台の高さは、「(身長÷2)+5cm」だと言われています。
キッチンの調理台が適切な高さではないと、体にも負担がかかってしまうため、家族の中でもキッチンをよく使う人に合わせて設計しましょう。

 

2つ目のポイントは、調理のしやすい幅を確保することです。
キッチンは、コンロスペース、調理スペース、シンクスペースの3つに大きく分けられます。
料理をするとき、調理スペースが狭いと料理がしにくいため、原則75cm以上はあると余裕を持って料理ができると言われています。
しかし、人によっては75cmでも足りないと感じる方もいるので、3つのスペースのバランスを考えながらキッチンを設計すると良いでしょう。

 

3つ目のポイントは、必要な収納量を把握することです。
多くの住宅では、オープンキッチンやセミオープンキッチンの間取りが採用されていますが、これらのタイプは収納場所の確保が難しいためキッチンが散らかりがちです。
それを防ぐためにも、必要な収納量を把握して余裕をもった収納スペースを確保することが大切です。

□まとめ

今回は、キッチンの間取りタイプやキッチンの間取りの決め方について紹介しました。
毎日使うキッチンだからこそ、自分の生活スタイルに合わせた設計をしたいですね。
当社は、いすみ市・茂原市・御宿町市周辺で人にも環境にも配慮した住宅づくりを心がけています。
注文住宅を検討中で興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

カテゴリで見る