国松工務店について

電話:1470-82-2709 千葉県夷隅郡大多喜町下大多喜3441

くにまちゅぶろぐ

ファイナンシャルプラン(資金計画)無料相談

本日はお客様のファイナンシャルプラン(FP)をさせていただきました。

家づくりに強いプロのファイナンシャルプランナーさんに来ていただいています。

人生の中で大きな買い物をされるのでしっかり生活費、教育費、老後の資産を計算して

お客様の人生の設計図を書かせていただきます。

多くのお客様が漠然と計画されるので、プロのFPさんにしっかりと

ご依頼します。

今までの多くのお客様が

●安心しました。

●家づくりが安心して進めます。

●超!すっきりしました。

●これからの働き甲斐が出来ました

と大好評なご意見を頂き安心されたようです。

気になる方はお気軽にご相談ください。

早速、現場調査

大雨の合間にご相談いただいた現場の調査です。

ちょうど雨上がりに調査出来ましたので超進みました。

現場の工事を進めるにあたって電気、水道、ガス、敷地の高さ、車両進入路

をしっかり行っていませんど申請に数か月かかりますので気合を入れて

調させていただきました。

●下水(放流先の確認)下水道課

●雨水(放流先の確認)下水道課

●電気(低圧の容量確認)東京電力

●敷地(高さの確認)外構計画のために重要

●測量図(境界の確認)法務局

●謄本(敷地の地目確認)法務局

●各業者さんと敷地で打ち合わせ確認

完璧です!

などなど敷地を確認してから一気に諸官庁まわりました。

明日からは図面をしっかりカキカキさせていただきます。

一日で回れたときはすっきりです!

明日もがんばりま~す!♫

 

 

いっぱい走りました。

本日は店舗の打ち合わせ、歯科医院さんの床の工事と一日いっぱい走りました。

天気も良かったので工事の方も順調で安心しました。

明日から歯科医院さんは明日も診療されるので

半日で使い勝手の悪かった部分が直され

安心して診療されると思います。

今週も張り切ってお伺いさせていただきます。

使い勝手が悪いところありましたらお気軽にお問合せ下さい。

台風19号、20号

関西地区の総雨量が1000mmとの予想が出ています。

1mの水深になる雨量は相当な豪雨です

関西地区の方は気を付けられてください

関東地方から進路が西になっていますので関東地方は総雨量300mm

今年は変則的な台風です、2つの台風が寄り添っていますので

豪雨に気を付けましょう。

南房総、金プリン

「日本の宝物」準グランプリ

「地方に隠された宝物を選ぶグランプリ」

https://www.undiscovered.jp

大多喜町のワクワク広場さんで買えました

美味しい〜是非お試しください。

LIXILメンバーズコンテスト2018 応募

本年度のLIXILメンバーズコンテスト2018応募の確認の書類が届きました。

LIXILメンバーズコンテストは全国の『Good Living 友の会』に所属する14,000社の『新築』『リフォーム』

の応募作品、昨年度は3011物件の中から『デザイン』『性能』『快適な住まい』・・・・

審査員は

日本を代表する建築家『伊礼悟』先生、はじめ建築知識編集長『木藤 阿由子』先生

東京大学学院 建築学専攻『前真之』先生 ガーデンアカデミー青山校『古橋 宣昌』先生などが

が審査されます。

国松工務店の過去の受賞歴は

2002年 佳作

2012年 敢闘賞

2013年 敢闘賞

2014年 敢闘賞

2015年 敢闘賞

2016年 地域特別賞

2017年 敢闘賞

と6年連続で入賞しているので本年度は地域特別賞以上を目指しています。

秋ごろには発表になりますのでお楽しみに~

昭和の味 2

これが分かる方は『昭和の方』ですね(笑)

ソフトクリームとも違うシャーベットと甘い香りがさっぱりとして大好きでした。

ここに来まして昔の味が再販しているのですかね?

あとは

『三色トリオ』

『宝石箱』

などあると最高です。(笑)

長南花火大会

一日遅れの投稿になってしまいましたが長南花火大会に行ってきました。

200年前よりつづく大きな花火大会です。

この花火大会が終わると秋が近づいてきますね。

明日は『家づくり勉強会』個別開催です。

多くの方の家づくりが大成功します様頑張ります。

家を建てた人の失敗談のつぶやき

大満足の家づくりはどうすればよいのでしょう?

面白い記事があったのでちょっと考えてみます、『家づくりに失敗してしまったアンケート』がありましたのでちょっと一緒に考えてみましょう。

家づくりの先輩に当たる方々のコメントなのでとても重要ですね TOP4のうち気になる3つ

窓が多くて家具の置くスペースがない

少し前に多いご要望です、最近では50インチのTVなどが安くなってきていますのでTVの置くスペースは一番気を使います、窓とかがない壁の幅は最低1.3mでTV台を置く場合は1.6mはあった方が安心なので間取り作成時に必ず確認する必要があります、また主寝室のナイトテーブルやドレッサー、持ち込み家具、子供室の勉強机は必ず図面に落とし確認してもらいましょう、コンセントやLAN配線の確認が楽になります。

家具の大きさがわかっていれば良いのですがおおよその大きさでも可、窓を高く取り付ける案などもあります。

開放的な吹き抜けだが光熱費がとても高額で

これば断熱性能のチェックミスですね、今年の猛暑で2Fが厚くて眠れないとあちらこちらで聞きます、今までの一般住宅の断熱性能では各部屋全部にエアコンと吹き抜けにも設置しないと無理ですね。今年は全室エアコンつけていたら1か月の電気代は3~4万円/月 近くになりそうです。

2020年度義務化の省エネ住宅でも各室にエアコンがついてなければ階段を上がる途中で『ムワッ!』とぬるい空気に顔が入っていきます。

HEAT20G2(ヒートニジュウジーツー)クラスになれば2F吹き抜け1台でも快適温度になります(冬場は1Fのエアコンがあると良いですね)季節で使い分け

高断熱は断熱材が高くなりますが光熱費が落ちますのでトータルの出費は抑えることが出来るので今後の法改正も考えて安心。

LDKに階段が有るため冷暖房が効かない

これも断熱性能とエアコンの検討ミスです、断熱性能の低い住宅ですと冷房は下に、暑い空気は2Fにたまりますので夏場は2Fを重点的にエアコンを稼働して 冬場は1Fで暖房すると良いのですが基本的には断熱性能を上げなければなりません。

今年の殺人的な猛暑なので新築でも寝れない方がとっても多いので断熱材についてちょっとお勉強すれば素晴らしい満足度が手に入ります。

国松工務店では定期的に『勉強会』を開催していますのでお気軽にお問合せ下さい。

皆様の家づくりが大成功します様にご参考になればよいのですが

 

断熱が良くエアコンの配置がきっちり決まれば

こんなに大きな吹き抜けでもエアコン1台で快適

2F天井は0.2℃しか変わらない快適リビングが出来ます

↓(御宿町 K様邸 完成内覧会で実測データー 7/7日 )

※夏場は吹き抜けのAC

※冬場はリビングのAC稼働させます

↓床の温度24.5度

↓天井の温度24.7度

 

地球の異常気象2020年度まで続く?

今年は春が早く温度も高いですが紫外線も相当な強さですね
今後5年間は異常な高気温が続くとの予測を示した研究論文が14日、発表されました。
英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された論文によると
高温の異常気象や台風の発生をもたらすそうです。
http://www.afpbb.com/articles/-/3186119
もう日本では夏場にはエアコンは常用するなどの対策、台風、地震に強い家づくりが必項ですね。